多く使用される低用量ピル | 低用量ピルやアフターピルなどピルについて理解を深めて効果的に使う

低用量ピルやアフターピルなどピルについて理解を深めて効果的に使う

多く使用される低用量ピル

「多く使用される低用量ピル」のイメージ画像です。

女性にとって馴染み深い薬だといえるピルですが、様々な種類がありますよね。
低用量ピルや中用量ピル、高用量ピル、さらにはアフターピルなど……いろいろな種類があり、様々な目的で使用されます。
中でも副作用も少なく安全性も高いのが低用量ピルです。

低用量ピルというのは錠剤1錠に含まれている黄体ホルモンの量が0.05mg未満のピルのことです。
卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンがそれぞれ少量ずつ含まれており、副作用は少なく避妊効果はしっかりしているというピルになります。
副作用が少ないので女性の身体にも優しく、実際の病院でも低用量ピルが処方されることがほとんどです。
二つのホルモンが一定の比率で含まれているものは1相性ピル、生理周期による女性ホルモンの変化に合わせてホルモン量や比率を変化させたものを段階型ピルといいます。
低用量ピルは身体にあまり負担をかけずに確実に避妊することができる他、服用をやめれば短期間で再び排卵が行われるようになります。
そのため、女性が妊娠したくなったときは服用するのをやめるだけで妊娠できる状態になるのです。
女性の意思で妊娠をコントロールすることができるので、ピルを服用することになったときは低用量ピルを選ぶのをオススメします。

ピルの名前についている低用量や中用量は含まれているホルモンの量で変化します。
最も量が多いのが高用量ピルで、高用量ピルは副作用も多いので服用するときは注意するようにしましょう。