フィラリア症はどんな病気?ストロングハートプラス通販で完璧に防ぐ!

ストロングハートプラスの購入はこちら
悲しむ人のイメージ 犬を飼っている愛犬家にとって、犬の健康のためにストロングハートプラスのようなフィラリア予防薬は欠かせません。

ストロングハートプラスは通販で簡単に買えるという便利さと、ジェネリックなので比較的に安いという経済的なところが特徴として挙げられます。

ストロングハートプラスの基になっているのはカルドメックチュアブルという予防薬で、こちらは動物病院で処方を受けられますがストロングハートプラスよりは高価です。

ストロングハートプラスもカルドメックチュアブルも、フィラリア症の予防薬としての効果は高く評価されており、おやつ感覚で簡単に愛犬に与えられるという点も飼い主さんに人気の秘訣です。

愛犬への負担と飼い主さんの負担、どちらも最小限に抑えながらフィラリア予防を続けられるように、ストロングハートプラスのように安くて使いやすい薬が広まりつつあります。

それだけ、犬にとってのフィラリア予防が重要ということでしょう。

ここでは、フィラリア症という病気のおそろしさについて注目していきます。

ストロングハートプラス通販で防ぎたい『フィラリア症』のおそろしさ

悲しむ人のイメージフィラリア症は、寄生虫病という分類に入る病気です。

その名の通り、フィラリアという寄生虫が体内へ侵入することによって発症します。

フィラリアは幼虫の間は血管を通って動けるほどの小ささですが、成虫になると30cmもの長さになることもあり、白い糸のような形をしています。

フィラリア症に感染した犬の心臓部では、フィラリアの成虫が生息するようになります。

なぜ犬がフィラリア症に感染するのか、感染経路から見ていきましょう。

フィラリア症の感染経路は?犬から犬へ広がる脅威の感染力の理由

フィラリア症の感染経路は、蚊によって作られます。

まず、フィラリア症に感染している犬の血を蚊が吸った際に、血液に混ざっている小さなフィラリアの幼虫も一緒に吸って体内へ取り込むことになります。

そして、健康な犬の血を吸う際に蚊の体内のフィラリア幼虫が犬の体内へ入り込み、血管を通りながら成長していきます。

やがて、心臓や肺動脈にたどり着いたフィラリアがそこへ本格的に寄生して、成虫へと変わっていくのです。

フィラリアにとって、犬の心臓や肺動脈は寄生しやすい環境です。

そのため、放置しておくと体内でどんどん増殖していきます。

フィラリアの主な症状

フィラリア症の症状には、次のようなものが見られます。

咳、むせる

呼吸困難

食欲低下

尿が赤い

お腹がふくらむ

フィラリア症の症状は最初はわかりにくいため、多くの飼い主さんは感染したことになかなか気づけません。

目に見えるほど大きな症状が現れるようになった頃には、すでにかなり症状が進行していると考えられます。

フィラリア症は、症状が進行していくと突然死に至る可能性も高い病気です。

手遅れになる前に定期的に検診を受けるか、予防に力を入れる必要があるでしょう。

蚊の時期はフィラリアの危険性大

悲しむ人のイメージフィラリア症の感染経路は、蚊の吸血によって犬から犬へ広がっていくというものです。

つまり、蚊が多く発生しやすい時期は必然的に感染のリスクが上がりやすいということになります。

また、少なくとも蚊が入ってこれる環境にいる犬には、感染の危険性が常に潜んでいるといえるでしょう。

外で飼育されている犬はもちろんですが、家の中で飼育されているからといって油断はできません。

蚊の発生しやすい時期は主に4~11月だといわれており、フィラリア予防もその時期に合わせて投与するのが目安とされています。

ただしこの時期はあくまで目安なので、地域の温度や環境によっては時期がずれる可能性も十分あります。予防は忘れず行いましょう。

猫にも感染する

犬に比べてまだまだケースは少なめですが、フィラリア症は猫にも感染することがあります。

感染経路は犬と同じく、フィラリア症に感染した犬の血を吸った蚊に猫が吸血されることで、フィラリア幼虫が猫の体に侵入します。

猫のフィラリア症は犬よりも寄生する数が少なく、最初は心臓よりも肺の方に多く寄生します。

そして、やがて肺を狭く感じ始めたフィラリア成虫が心臓へ移動して、そこに寄生するようになります。

猫のフィラリア症は、現在でも治療方法が確立されていないようです。

そのため、感染する前に厳重な予防対策が必要となります。

フィラリア症は予防が何より重要

悲しむ人のイメージこのように、フィラリア症は強い感染力と危険な症状を持つ病気です。

実は、フィラリア予防が徐々に広まりを見せてから、以前に比べるとフィラリア症の感染率は減少しつつあります。

ただし、予防を受けずに外で飼育されていた飼い犬はかなりの確率でフィラリア症に感染していたというデータが見られており、今もなおフィラリア症の感染は油断できない状態です。

特に、フィラリア予防がまだ一般的ではない地域まで行くと、フィラリア症の感染はまだまだ多く見られています。

フィラリア症は、感染してから治療すると危険な可能性もあるので、予防することが何より重要といえます。

ストロングハートプラスなどの予防薬を上手く取り入れ、愛犬のフィラリア予防を完璧にしておきましょう。

ストロングハートプラスの購入はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました