低用量ピルやアフターピルなどピルについて理解を深めて効果的に使う

避妊以外でも活躍する薬

「避妊以外でも活躍する薬」のイメージ画像です。

低用量ピルを飲み忘れた場合は飲み忘れた期間によって対応が異なります。あまり日が経ちすぎていると効果を失ってしまうこともあるのでボーダーラインを知っておきましょう。

主に避妊を行うときに女性の皆さんが飲むことになるピル。
ある意味女性にとって身近な薬だといえますが、皆さんはピルについてどこまでご存知ですか?
低用量ピルやアフターピルなど、様々な種類があるのがピルですが、日本ではピルについて正しく知っている人は実は少ないんです。
ピルが必要になったときに効果的に使うためにも、間違った飲み方などをしてしまわないためにも、ピルについての知識を理解を深めましょう。

ピルという薬は一般的には経口避妊薬と呼ばれており、主に予定外の妊娠を防ぐために服用する薬です。
2種類の女性ホルモンが配合されており、これを服用することによって体内のホルモン量を調節し、排卵のタイミングをコントロールして妊娠を防ぐ効果があります。
また、ピルで期待できる効果は避妊効果だけでなく、女性特有の悩みである生理の悩みを解消するために使われることもあります。
排卵のタイミングをコントロールすることで生理不順や生理痛を治すことができるので、ひどい生理痛に悩んでいる人の中にはピルを飲んでいる人もいます。
このように、ピルは避妊以外でも活躍してくれるとても頼りになる薬だといえるのです。

ピルは病院で処方してもらうのが一般的な入手方法ですが、通販で購入することもできます。
もし、どうしても病院に行くのは嫌だという場合や、こっそりピルを入手したいという場合は、通販を利用すれば安く手に入れることができるのでオススメです。

避妊に失敗してからでは遅いです。今の段階から避妊に対する正しい知識と方法を知っておくべきです。

記事一覧

「記事一覧」のイメージ画像です。 「低用量ピルやアフターピルなどピルについて理解を深めて効果的に使う」の記事一覧です。続きを読む